2021年02月11日

Une sirène à Paris  「マーメイド・イン・パリ」

Une sirène à Paris.jpg2020  Director: Mathias Malzieu

コメディー?音楽とステージもあり、つかみどころはしばらく疑問だが、劇中に出てくる しかけ絵本を広げたようなファンタジーの世界。キャバレーのステージセットの延長線、重みのあるカラフルな色に、レトロなたくさんの ‘物’ と家具、お隣もまた色の違うバスルーム、と アパートのデザインや、おもちゃのレーシングカーのような車など、こだわりのデザインを観るのは楽しい。そして屋外はキラキラ輝く夜のパリを存分に。
サスペンス要素は..無いに等しい~被害者は幸せそうな笑みを浮かべているし~が、唯一ロマーヌ・ボーランジェの立ち位置が相対する。~名作、アメリカのラブコメ的マーメイドフィルムといえば ‘スプラッシュ’ 。確か博士も悪気はなかったのだが意地になっていた。それに比べても~彼女(の役)は気の毒で 当然の行動ともいえる。ロマーヌ・ボーランジェといえば、何年も何年も観ていなかったため 初め気づかないくらいに変わっていた。
お節介な印象から始まったお隣さんも協力的で微笑ましい。しかし皆 驚かないものだ..。パリで発見された人魚はフランス語をしゃべる..。一時的でも人間にはなりません..。
主人公ガスパールは性質が特別で 人魚ルラの影響をすぐには受けないという流れなのだけど、その割にガスパールの人物像はいまいち不足。そして、たいして引っ張るほどの話ではないような。それでもいい。観た目に楽しませ、主演にも魅力があり、ストーリーもあるのだから。
意外と海の中のシーンが無い。水族館の巨大水槽は観せるシーンだが、海ではない。重要なシーンで 沼~は言い過ぎで湖畔?~のような所から入っていくが、パリ近辺だとそういうものなのかもしれない。
ロマーヌ・ボーランジェの件もよい方向へ事を収め、どうしても人魚の行く末は観えているもので、エンディングにはもう1シーンあってもよいかな、ハッピーなノリを観せて終了してほしいが、出だし同様のアニメーションで表現 と。
ローラースケートよりトゥクトゥクは役に立つ。

ラベル:映画 s
posted by JUNE at 13:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください