2021年02月27日

Babyteeth

Babyteeth.jpg2019  Director: Shannon Murphy

淡いカラフルなカラーに、若さが瑞々しく。向かう方向が観える反則の病と青春、家族のテーマに、現実味には欠ける映画らしさがある。父がカメラに収めるように、彼女の存在を、輝く瞬間を観ているよう。 なんだか周囲のいくつかの小さい問題を一気に解決させて、関係あるような ないような皆が集まる、この映画自体が彼女のために美しい時間をつくっているように。
ベン・メンデルソーン以外は知られた顔がないにも関わらず、インディペンデント風と アメリカンティーン映画風~この映画はオーストラリア映画~の中間をいくタイプにマッチする なかなかよいキャスティング。
海の波の音のエンディングというのは、他の映画でも記憶にあるが、爽やかに寂しく、思いを巡らせたり、ただ波の音に耳を傾けているだけでもある。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください