2020年11月14日

Edmond  「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい」

Edmond.jpg2018  Director: Alexis Michalik

スランプの劇作家エドモンドが作品づくりにノってくる、その高揚感と、急転に慌て、募る不安も感じながら、演劇の進行と エドモンドの現実とがしだいに重なって、周囲を巻き込み 盛大になっていく。
ドタバタ喜劇風、終始笑えるノリかというとそうでもないけれども、ときどきクスッと、全体的に微笑ましく。‛ドタバタ’ も 展開が速く、効果的なカメラワーク。舞台とセット、衣装も美しく、これがまた映画の中の劇場とオーバーラップ、登場人物 個々のキャラクター設定も馴染み、ひとつの演劇を観ているような、時代を感じる重厚な本を開いたような世界観。
恋の行き違いとしては、誠実なのか、やはり現実の気持ちも揺れ 切なさも垣間観え、劇作家のアーティストな思考は納得できるものか.. わかるような気もするが、妻の気持ちは当然のこと、しかし 夫の舞台の出来映えに関係良好。
ハッピーに幕が降りて、それは映画の閉幕でもあり。愛すべき作品。
布地にインクの羽根ペンで書いたようなエンドクレジットのデザインも この映画にマッチしていて、粋。 シラノ・ド・ベルジュラックを演じた歴代俳優がこれほどいたとは。
映画のカラー、個人的に、バズ・ラーマンのセロファン的な赤と青のギラギラした赤とは違い、ペドロ・アルモドバルの胸騒ぎの赤とも違い、この映画の赤は好きだ。フランス映画。
posted by JUNE at 16:30
"Edmond  「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。